So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

相模原南 縄文の住居を再現した「勝坂遺跡」 [相模原]

200224a_kassaka.jpg
 縄文時代中期(約5000年前)の大集落跡であり、この集落遺跡の一部約2ヘクタール(勝坂D区)が国指定史跡となっている。
 勝坂遺跡は相模川によって形成された河岸段丘上に立地し、西側の段丘の下には鳩川が流れている。また、段丘崖には現在でも湧水や、天然記念物として市の登録文化財となっている照葉樹林がみられる。
http://risetu.net/03mati_tanken/05sagamihara_WS/938/9387/9387-5510Akassaka_iseki/9387-5510Akassaka_1.html

nice!(0)  コメント(0) 

自分の利益をあげるための処世術! [世間]

200223a_shoseijutu.JPG
 いまの日本は、それほど気を使わなくても良いところに、多くの気づかいをしているようです。これも”いじめ社会”の影響なのでしょうか。そのためか「自分」というものを出すことが出来ず、世間に「よい顔」を見せようと苦労する時代になってしまったのでしょう。人口が都市に集中してしまったことが原因なのでしょうか? 
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200223a.html
nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉 日本三天神の一つ「荏柄天神社」 [鎌倉]

200222a_egaratenjin.jpg
 菅原道真を祀る荏柄天神社は古来学問の神として信仰が厚く、大宰府・北野と並んで三天神とよばれ、室町時代以降、詩歌の献詠が盛んであった。また寃罪を判ずるとする古い信仰もあって、『吾妻鏡』に渋川守兼の歌を献じて至心を訴えた記事が見えている。
  右大臣だった道真は、政敵・藤原時平の陰謀で大宰府に流され、生涯を終えます。

 その死後から、皇居に雷が落ちたり、道真の失脚にかかわった人びとに不幸が襲ったりしました。人びとはこれらを道真のたたりと考え、霊をしずめるために社を建ててまつりました。
http://risetu.net/03mati_tanken/02kamakura/956/9564/9564-5325Aegaratenjin/9564-5325Aegaratenjin_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

子どもは成長すると自己主張をするように! [子育て]

200221a_jikoshutyou.JPG
 反抗期は、人間の種の保存のための機能だそうです。親とは異質の免疫力を持つ異性を見つけるため、親に反発するようになるそうです。特に、女性の”におい”の感覚は、異質な免疫力を持つ男性を見つけるためだそうです。昔話の「桃太郎」で桃から生まれた桃太郎の話しは、「桃」は女性の象徴で、上流=他国からきた女性を妻にすると、生まれた子どもは優秀だ、ということなのでしょう!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200221a.html
nice!(0)  コメント(0) 

尾道 お店の裏の神社と関連は?「磯の辨天神社」 [尾道]

200220a_so_benten.jpg
 遠い昔、長江が文字どおり長い入り江であった頃、この一帯は海辺だったので、磯の弁天と呼ぶようになったそうです。今は建物の陰にひっそりと残っています。
 現在の神社はあまりにも小さく、昔からこの狭さであったとは思えません。横のお店の裏側に名前もいわれも不明の神社があります。この神社と関係があるのでしょうか?
 この不明の神社は現在もお祭りをしているようですが、近所の人や市役所に聞いても情報はありませんでした。
http://risetu.net/03mati_tanken/01onomiti/320/3202/3202-4410Biso_benten/3202-4410Bso_benten_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

2020-02-19

200219a_rinsitaiken.JPG
 アマゾンの奥地の村では、歳を取り、寝たきりになった時、毎日枕元に食べ物を置くそうです。そして、自分で食べれなくなったときに死を迎えるそうです。その時の顔はものすごく穏やかな顔をしているそうです。自然に死を迎えるとき、何か楽にする物質が、分泌されているのでしょうか?
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200219a.html
nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉 女性が人生やり直しの避難だった「東慶寺」 [鎌倉]

200218a_toukeiji.jpg
 寺号は詳しくは東慶総持禅寺と称する。
 東慶寺は現在は男僧の寺ですが、明治36年(1903年)までは尼寺で、尼五山の第二位の寺でした。後醍醐天皇の皇女用堂尼が5世住持として入寺してから格式の高さを誇った。江戸時代には、豊臣秀頼の娘で、徳川秀忠の養外孫にあたる天秀尼が20世住持として入寺している。
 近代になって、中興の祖とされる釈宗演が寺観を復興した。釈の弟子にあたる鈴木大拙は禅を世界的に広めた人で、寺に隣接して鈴木の収集した仏教書を収めた松ヶ岡文庫があり、世界的禅文化の発展の拠点となりました。
http://risetu.net/03mati_tanken/02kamakura/954/9545/9545-5335Atoukeiji/9545-5335Atoukeiji_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

喫煙者はウイルスに狙われやすい! [科学]

200217a_uirusu_kituensha.JPG
 新型コロナウイルスの拡大が迫っています。喫煙者は、まずは禁煙が必須。忙しいと風邪を引かないといいますが、免疫力の30%は精神的なものが影響するようです。疲れをためないようにしましょう。また、食事は、食べ過ぎず、バランス良く食べましょう。治療薬がまだないのですから、自分の免疫力を高めるしかないですね!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200217a.html
nice!(0)  コメント(0) 

尾道 天寧寺から信行寺の途中に「幸神社」跡 [尾道]

200216a_kojinja_ato.jpg
現在は「幸神社跡」の石碑しかありません
 由緒あるこの社殿も文明奪中(1469~1487)に再興され、当時は旧暦四月十二日に祭礼が行なわれ、当夜は町内の道路を通る婦女子の尻を捻ってもよいという奇習から賑わいをみせ、造り物も盛大であったが、明治にいたり尻捻りの風習はなくなり、また飾りものも大戦勃発とともに姿を消してしまった。
 さらに神社まで引っ越しと云う憂き目をみたが、敬神の念深い近くの中村鶴造、浅井鶴松、岡千代蔵の三人が発起人となり、地理的にも意義のある同社の位置を示す「幸神祉跡」の石碑を物資乏しい昭和二十三年に建立したもの。
http://risetu.net/03mati_tanken/01onomiti/320/3200/3200-4409A=3200-4408A2/3200-4409A=3200-4408A2_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

遊牧民の社会ではリーダーシップが重要! [社会]

200215a_yubokumin.JPG
 自然環境が厳しい場合、強力なリーダーが必要なようです。現代は、自然環境ではなく、経済環境に変わっているようです。強力なリーダーが必要な社会になったときは、選挙でリーダーを選ぶと危険な場合があるようです。歴史的な代表はヒットラーですね。遊牧民の社会は強力なリーダーを求める傾向が強いため、極端に走る傾向があるようです!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200215a.html
nice!(0)  コメント(0) 

座間 日蓮人処刑を免れた刀とゆかりの「圓教寺」 [座間]

200214a_enkyoj.jpg
円教寺に伝わる話
 刀工鈴木弥太郎貞勝は、1271年、龍ノ口で日蓮上人に向かって振り上げられたものの、光る玉の出現で3つに折れた刀、「蛇胴丸」を作った人。
 そしてあの事件の翌日9月13日、昨夜のうわさを聞きつけた鈴木弥太郎貞勝が、依知に向かって相模川を渡る前にぜひ自宅にお立ち寄り下さいと申し出たことにより日蓮の一行は貞勝の屋敷で休息を取ることになりました。 このとき貞勝は日蓮の教えに入信し、円教坊という名をいただきました。円教坊はこのあたりの水が刀作りに適さないことを話すと、日蓮は石に南無妙法蓮華経の文字を書き、「三十番神」をまつって地面を掘りました。その時わき出た泉がこの番神水だというのです。
http://risetu.net/03mati_tanken/04ebina_zama/939/9394/9394-5488Aenkyoji/9394-5488Aenkyoji_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

これからの東京は! [社会]

200213a_korekarano_tokyoi.JPG
 まだ東京集中が続いているのでしょうか? しかし、東京から地方へ移るひとも目につくようになりました。昨年のNHKの首都直下地震を想定した危険の具体映像、これから普及するテレワーク、そして、国のいろいろな施設の地方への移転、これらがもっと具体化して来るでしょう。事実すでに、ドイツの保険会社は、東京が世界一の災害の危険な都市として位置づけられています!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200213a.html
nice!(0)  コメント(0) 

尾道 自然石に彫られた羅漢達「済法寺裏山 石仏群」 [尾道]

200212a_sekibutu.jpg
 済法寺の裏山斜面の自然石に多くの磨崖の羅漢像が刻まれています。 済法寺の裏山の一面に広がる巨岩に、釈迦如来座像を頂点として、4段ぐらいの岩群に、光背状に彫りくぼめて半肉彫りする十六羅漢磨崖仏があり、江戸時代の尾道石工の技術の切れをノミ跡に見ることができます。
 十六羅漢とは、お釈迦様の弟子で特に優れた代表的な16人の弟子を十六羅漢といいます。仏教を護持しようと誓ったとされる弟子達です。羅漢は阿羅漢の略で,供養に値する人という意味です。
http://risetu.net/03mati_tanken/01onomiti/319/3191/3191-4409Asekibutu/3191-4409Asekibutu_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

中華文明は「核」を持たない文明! [文化]

200211a_otyuka_bunmei.JPG
 麦や稲は、耕作者の年間消費量の二倍の収穫ができた。これが「戦い」の根本原因となった。残った半分の収穫が、土地や農具の借賃、収穫した倉庫の護衛などに使われ出した。農地の水の確保のため、大河の流域では巨大な開発事業となるため、大きな権力を持つリーダーが必要となった。乾燥地帯ではより巨大な権力を持った皇帝が出現した。日本でも、東日本は大きな河川があり、やはり、強権のリーダーたちが出現した。地域の風土は、自然環境がつくりだすのですね!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200211a.html
nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉 幕府の守り神の夷神を祀った「本覚寺」 [鎌倉]

200210a_hongakuji.jpg
 この寺を開いた人は、一乗院日出(にっしゅつ)です。この人は、寺の縁起によればもとは学者でしたが後に日蓮宗の僧になりました。生まれた所は、駿河の国(今の静岡県)三島で、いろいろな迫害や苦労にたえられる修行をしました。その後、鎌倉の夷堂(えびすどう)に住み、教えを広めようとしましたが、他の宗派の人々の反対にあい、鎌倉公方足利持氏(あしかがもちうじ)に捕えられ、刑場で殺されそうになりました。しかし、夷神(えびすがみ)のお告げにより許されたといわれます。このことがあって持氏は、夷堂のあったところに本覚寺を建てて日出に寄進したそうです。
http://risetu.net/03mati_tanken/02kamakura/955/9552/9552-5317Ahongakuji/9552-5317Ahongakuji_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

昔は「お裾分け」の習慣があった! [世間]

200209a_osusowake.JPG
 「お裾分け」への「おっ返し」は地域によって違いがあるようです。なんでもかんでも「お返しをする」という地域がある一方で、「このくらいならお返しはいいよ」という地域、それぞれの自然環境が影響しているようです。自分たちで自然環境に対応してきた地域は、「この程度でいい」と、強力なリーダーのもとで自然環境に対応した地域は「なんでもお返し」といったような風土があるようです。江戸時代までは、日本の中でもなかなか言葉が通じなかった(文字は通じた)のですから、それぞれの風土が異なっていても当然ですね!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200209a.html
nice!(0)  コメント(0) 

尾道 本堂内に「泣き龍天井」がある「西郷寺」 [尾道]

200208a_saigoji.jpg
 1353年の開基。本堂・山門ともに国重文で、時宗の本堂形式としては他に比類のない名建築です鎌倉時代末期の正慶年間、遊行六代一鎮によって開かれたと伝えられています。当時は「西江寺」と称されていました。
 本堂は文和2年(1353年)に発願され、時宗最古式の本堂として貴重なものです。堂内に「泣き龍天井」があり、手を打つと乾いた音が帰ってきます。
http://risetu.net/03mati_tanken/01onomiti/320/3208/3208-4414Asaigoji/3208-4414Asaigoji_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

五分や十分の運動でも脂肪を燃える! [健康]

200207a_sibo_moyasu.JPG
 人間もクマのように、冬眠中にダイエットが出来ると良いのですが。クロクマの研究で、冬眠中の平均体温33度で、活動時と比べわずか5~6度低い程度、1分間の心拍数が通常の55回から9回にまで低下するという。ダイエット言うより、食糧事情への対応です。そういえば、人間以外の動物にも糖尿病はあるのでしょうか? 犬や猫のペットには糖尿病があるようです。冬眠する動物は、食糧事情に恵まれていないため、糖尿病にはならないのでしょう!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200207a.html
nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉 源氏の白旗を立て戦勝を祈願「源氏山公園」 [鎌倉]

200206a_genjiyama.jpg
 源氏山は、奥羽を舞台とする後三年の役(1083~1087年)で八幡太郎義家が出陣するときに、この山上に源氏の白旗を立てて戦勝を祈ったところから「源氏山」とか「旗立山」といわれるようになったといいます。
 白旗山または旗立山とよばれたこともあるようです。緑豊かな自然に囲まれ、公園のすぐわきには、鎌倉の七切通しの一つであり、国の史跡でもある化粧坂が、園内には頼朝像・広場などがあります。
 春には桜、秋には紅葉が楽しめます。
http://risetu.net/03mati_tanken/02kamakura/954/9545/9545-5325Agenjiyama/9545-5325Agenjiyama_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

「食物繊維を多くとりましょう」どうして! [食べ物]

200205a_shokumotu_seni.JPG
 最近、腸内の細菌が話題に上るようになりました。からだの健康に関しては、脳よりも腸のほうが重要な役割を果たしているようです。虫も食べない、地産外の野菜を食べるしかない時代、腸は大変な苦労をしているのでしょうか。都会から脱出し、家庭菜園でとれたものを、子供達に食べさせることが正解なのでしょうね!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200205a.html
nice!(0)  コメント(0) 

尾道 足利尊氏を弔うため「天寧寺 三重塔」 [尾道]

200204a_tenneiji_tou.jpg
 もとは五重塔でした。なぜ、五重塔として修復せずに、三重塔に変えてしまったのか、その理由はよくわかりません。尾道には、壊れてものでも何かしらの物語をつくり、再利用する風土があります。商人たちは、物語をつくることで、商品の価値が永く続くことを知っていました。そのような風土が三重塔にして残すに至ったのでしょうか。いずれにしても珍しい塔です。
http://risetu.net/03mati_tanken/01onomiti/319/3199/3199-4410Btenneiji_tou/3199-4410Btenneiji_tou_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

ビタミンAは細胞性免疫を強化する! [食べ物]

200203a_bitaminA.JPG
 新型の肺炎が世界中に広がろうとしています。人類の歴史では、地球の総人口が1万人とか1万5千人とか、という時期もあったようです。食べ物の影響などから、その場面に適した免疫力を得られた人達が生き残れたのでしょうか。お酒で顔が赤くなる人は、アルコールが作り出す悪玉が、いのちに影響する悪玉を退治することで生き残ったとか。「毒を以て毒を制す」ですね!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200203a.html

nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉 百観音がある「円覚寺 大方丈」 [鎌倉]

200202a_daihoujou.jpg
 円覚寺方丈前の百観音は江戸時代、拙隻尊者が百体の石仏を岩窟に泰安したことが由緒となり、明治に至って今北洪川老師が整備されました。
 円覚寺の百観音を結願所として円覚寺派の寺院に百観音巡礼の札所が開設されました。
 昔は、霊場に写経を納め、その際に納経印をいただいていましたが、それが現在の御納経帳または御朱印帳に変わったものとされています。行く先々の霊場で観音さまの由来を知り、観音さまの御利益にあずかり、観音さまを念じながらお参りされると、心が清浄になり安心を得られることと思います。
http://risetu.net/03mati_tanken/02kamakura/954/9548/9548-5338Adaihoujou/9548-5338Adaihoujou_1.html
nice!(0)  コメント(0) 

道端のお地蔵さんにはエネルギーが! [文化]

200201a_ojizousan.JPG
 道祖神は村の辻などに祀られて悪霊の侵入を防ぐ神様。国際飛行場に道祖神を置いて、新型肺炎菌の侵入を防いでくれるとありがたいですね。「固く信じる」ということは、宗教などで広く行われており、心だけでなく、からだにも何らかの効果があるのでしょうか? 医療がまだ発達していないとき、いろいろと信じることで、なにかしらの効果があったから、長い歴史の中で続けられているのでしょう。「信じるという姿勢」こそが、未来を拓く大きな大きな力となってきた体験が、そうさせているのでしょうか!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200201a.html
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/subtop_tisiki.html

nice!(0)  コメント(0) 

尾道 石猿がお社を守る「山脇神社」 [尾道]

200131a_yamawaki.jpg
 尾道の夏を告げる「山王祭」(別名ゆかた祭り)が行われる神社です。
 「山王」とは日吉の神様の別名で、天台宗・比叡山延暦寺の守護神としての性格を意味します。それを「山王信仰」といい、天台宗のお寺の広がりと共に日吉の神様がまつられました。こうして全国に分霊社が増えるに伴い、「日吉さんといえばお猿さん」といわれるほど、魔除けの神猿さんも広く知れ渡ったとのことです。
http://risetu.net/03mati_tanken/01onomiti/320/3208/3208-4414Byamawaki/3208-4414Byamawaki_1.html
http://risetu.net/03mati_tanken/01onomiti/haiti_tera.html
http://risetu.net/
nice!(0)  コメント(0) 

人からの批判は成長の糧! [心構え]

200130a_hitokarano_hihan.JPG
 「後悔 臍(ほぞ)を噛む…(自分の臍(へそ)を噛もうとしても届かないように、後で悔やんでも及ばないこと)」ということわざのように、後悔にはメリットがないことに気がつきながら、後悔をしてしまう。反省するところまで、たどり着ければよいのですが。この原因は、その事柄が発生したときの、状況把握が不十分なことが原因なのでしょう。状況をきちんと把握するだけの感覚が、育っていないのでしょう。つねに「現状把握」が充分であれば、いつも的確な反省をすることができるのでしょう!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200130a.html
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/subtop_tisiki.html
http://risetu.net/

nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉 腰越状を書いた寺「満福寺」 [鎌倉]


200129a_manpukuji.jpg 元暦2年(1185年)5月、源義経が兄頼朝に怒りを買い、鎌倉入りを許されず腰越の地に留められた際に、頼朝に心情を訴える腰越状を書いた寺として知られる。寺には弁慶が書いた腰越状の下書きとされる書状が展示されており、境内には弁慶の腰掛け石や手玉石など、義経・弁慶ゆかりの品々が多数展示されている。
 平清盛の温情に助けられた源頼朝は、結果として、弟の義経、範頼を見誤り自らの手で葬った。当時の武士は、いまの暴力団よりも怖い存在のようですから、組織の維持にはやむを得なかったのでしょうか?
http://risetu.net/03mati_tanken/02kamakura/949/9494/9494-5307Amanpukuji/9494-5307Amanpukuji_1.html
http://risetu.net/03mati_tanken/02kamakura/haiti_tera.html
http://risetu.net/
nice!(0)  コメント(0) 

政治は盲目の現実主義! [政治]

200128a_moumoku_gennjitu.JPG
 民主主義の政治は、「目先の問題だけがテーマ」になることは、防げないしくみなのでしょうか? そのためか「行き当たりばったり」になります。10年以上先に予測される問題は、政治家まかせでは対応できないようです。“別のしくみ”が必要なようです。100年ほど前までは、ビジネスに成功した人たちが、社会のための公共投資を担い、それが出来る人だけが、社会的に認められるしくみがあった町があったのですが!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200128a.html
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/subtop_tisiki.html
http://risetu.net/
nice!(0)  コメント(0) 

福山 航海の安全を祈願する「阿武兎観音」 [福山 鞆]

200127a_abutokannon.jpg
 けわしい海食崖が続く沼隈半島の南端、阿伏兎岬は奇勝として知られ、岬の突端の断崖に立つ磐台寺観音堂は阿伏兎観音と呼ばれ、昔から海上交通の人びとの信仰を多く集めてきました。
 岬の岩頭に建つ朱塗りの観音堂は、その美しさから安藤広重(歌川広重)の浮世絵や志賀直哉の「暗夜行路」などにも紹介されており、今も瀬戸内の自然と調和した見事な景色をつくり出しています。現在、観音堂は国の重要有形文化財に指定され、安産・子育ての観音様として信仰を集めています。
http://risetu.net/03mati_tanken/21fukuyama/334/3346/3346-4366Aabutokannon/3346-4366Aabutokannon_1.html
http://risetu.net/
nice!(0)  コメント(0) 

“自分さえよければ”と! [つながり]

200126a_jibunnsae.JPG
 いまや、「法律さえ守ればよい」が最高のマナーになった感があります。むかし商売の町では、「法律は最低のマナーだ、商売をやるなら、もっとよいマナーを目指すことが必要だ!」とされていました。小さな八百屋さんは、売れ残りそうな野菜があれば、お客さんに丁寧に料理の方法を教え、買ってもらっていました。そのため廃棄される野菜が大変少なかったのです。これは、お客さんへのマナーにとどまらず、社会に対するマナーでもありました!
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/blog_up/200126a.html
http://risetu.net/01tisiki_asobiba/subtop_tisiki.html
http://risetu.net/
nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -